【PUBG】PJS αリーグDAY6レポート&インタビュー!フェイズ2の総合優勝に輝いたのは「USG_Hyster1cJam」

REPORT

【本記事は、2018年4月16日に「SHIBUYA GAME」にて公開された記事のアーカイブです】

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)のDMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」(以下、PJS)αリーグでは、3月31日(土)にDAY6の試合が実施されました。

フェイズ2の最終日にあたるこの日は、東京都・池袋に新たにオープンするeスポーツ施設「LFS(ルフス) 池袋 esports Arena」にて、7~9ROUNDの3試合が行われました。

DAY5終了時点では各チームの点差が小さく、残る3試合に大きな期待とプレッシャーがかかっていました。そんな状況で迎えたDAY6は、ついにフェイズ2の総合優勝チーム、そしてβリーグ出場に向けた入れ替え戦へ挑むことになるチームが決定。

今回も、各ROUNDの試合模様とドン勝チームへのインタビュー、そしてフェイズ2総合優勝チームへのインタビューをお届けします!なお、ドン勝チームへのインタビューでは、各チームのオーダーの選手からコメントをいただきました。

【ROUND7】フェイズ1王者「SunSister Suicider’s」が意地を見せてドン勝

Sosnovka Island(ミリタリーベースの島)が安全地帯となったROUND7では、海を泳ぐプレイヤーが多かったのですが、上陸できずパルスに飲まれて一気に10チームがダウン。

13チームから残り3チームとなった島の中では、「SunSister Suicider’s」4人、「Dimension-3」2人、「Crest Gaming Windfall」2人での戦いに。

終盤、エリア中央の家を確保していた「SunSister Suicider’s」。最終的には安全地帯が外れるも、冷静な状況判断で残る敵を倒し、4人全員生存ドン勝。

フェイズ1での好調ぶりに比べ、フェイズ2では振るわない状況も見られた「SunSister Suicider’s」ですが、最終日にはしっかりドン勝を獲得する形となりました。

Sabrac_選手(@2222_sab_n)、gabha選手(@gabha999)、MolisJP(@MolisJP)選手、CrazySam選手(@CrazySam357

■「SunSister Suicider’s」Sabrac_選手インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!フェイズ2では初ドン勝となりますが、ここでドン勝が取れた理由について教えてください。

Sabrac_ 大会前の練習試合ではセーフティな動きで成績が良かったのですが、大会本番ではそれがあまり上手くいきませんでした。なので、これは強気に行かなければいけないと思い、動きを修正したことで結果に繋がりました。

――フェイズ1と比べて移動が早いチームが増えたと思います。その変化についてはどう感じますか?

Sabrac_ 移動の早いチームが増えてきて、ポジション取りの早さもそうですが、強いポジションを把握しているチームが多くなってきました。それを踏まえて、ポジションを取る時などは今まで以上に警戒して近づかなければならないと感じています。

――フェイズ1ではすべての日程で1回ずつドン勝を取っていたことを考えると、フェイズ2に入ってからは思うように結果が出ない状況もあったと思います。ここまでどんな心境でしたか?

Sabrac_ フェイズ2の1日目は最悪だったんですけど、2日目からは戦いに行ってキルも取れていて、いい感じに上位に残れそうだなと。あともう少し修正すれば大丈夫かなという思いがありました。

2日目の終了時点では8位と安心できる域だったので、今日はリラックスして臨めました。順位も上がってきているので、このままペースをつかんで良い成績を残したいと思います。

■ROUND7ポイントTOP3

1位:SunSister Suicider’s 540ポイント(8キル)
2位:Dimension-3 410ポイント(2キル)
3位:Crest Gaming Windfall 375ポイント(5キル)

■ROUND7終了時点でのランキング

【ROUND8】最終日に「USG_Hyster1cJam」が念願の初ドン勝

最終局面では、崖際での戦いとなったROUND8。崖下の海を泳ぐプレイヤーが残る中、地上では実質「USG_Hyster1cJam」と「Rascal Jester」の一騎打ちへ。

岩と車両でバリケードを作った「USG_Hyster1cJam」側が有利な安全地帯となり、車両とスモークを巧みに使って距離を詰めてくる「Rascal Jester」に勝利。最後には、崖下の海に残った「Zaphkiel Gaming」を倒しドン勝となりました。

フェイズ2の2日目終了時点から総合ランキング1位をキープしていた「USG_Hyster1cJam」は、好順位を安定して獲得していたものの、ドン勝の獲得は初めて。最終日に念願のドン勝を獲得し、この時点で総合優勝がほぼ確実と言えるポイントでの1位キープとなりました。

Scrqmb1e選手(@scrqmb1e)、clockbox選手(@hj_clockbox)、Relaive選手(@Relaive_)、Akira90選手(@2d4jb1

■「USG_Hyster1cJam」clockbox選手インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!αリーグを通して、初のドン勝獲得となりました。どのようなことが勝因に繋がったと思いますか?

clockbox チームでは自分がオーダーをしていますが、今回の試合でチームメンバーに助けられたと思ったのは、サブオーダーのAkira90の判断です。最後に4軒の家を取ったんですが、その前にいた山にもう一度戻ろうというオーダーを彼が出してくれて、そのおかげで勝てたと思います。

――現在2位の「SunSister Suicider’s」に対して、キルポイントよりも順位ポイントで差をつけている状況です。チームとしての動きで、その点について意識している部分はありますか?

clockbox チームの降下地点(※)が敵と接敵しづらい場所だというのはあると思います。その後のムーブは、今までスクリムで経験したことを活かして、全員で話し合って決めています。

もちろん戦闘しようと思えば、トップレベルのメンバーが揃ってると自負していますが、撃ち合いをすればリスクも伴います。キルを狙うよりもドン勝を取ることが重要だと考えて、それをみんなで話し合った上での動きをしています。

※「USG_Hyster1cJam」はGeorgopol南を降下地点としているチーム

――ここまでとても安定した結果を出しています。各ROUNDで好順位をキープするために重要だと考えていることはありますか?

clockbox 索敵、チームワーク、あとは運ですね。運も実力のうちだと思っていて、エリアが自分たちの方へ寄った時に、しっかりドン勝を取れることがチームの力だと思うので、そこが大事だと思います。

■ROUND8ポイントTOP3

1位:USG_Hyster1cJam 550ポイント(10キル)
2位:Zaphkiel Gaming 450ポイント(10キル)
3位:Rascal Jester 385ポイント(7キル)

■ROUND8終了時点でのランキング

【ROUND9】緊迫の市街地戦!「Crest Gaming Windfall」がドン勝

最終決戦地となったMyltaで、市街地での手に汗握るバトルが繰り広げられた最終ROUND。エリアの端に建物を含みつつ道を中央にした安全地帯に、生き残った4チームは移動できる場所がなく一時膠着状態。

パルスの進行とともに「SCARZ」、そして「JUPITER NOVA」が倒され、最後は「Crest Gaming Windfall」3人と「SunSister Suicider’s」gabha選手の戦いへ。

建物の屋上を取っていたgabha選手は弾切れによって、使える武器はショットガンのみという状況。gabha選手は最後のチャンスに賭け、屋上から飛び降りてキルを狙うも、1人に回復を集め、残りの2人で戦いに行く形を取っていた「Crest Gaming Windfall」が勝利し、ドン勝となりました。

JapanNo1skve選手(@JapanNo1skve)、kurad選手(@kuraa231)、ooF-seiei選手(@ooF0125)、MrYoppy選手(@1105Yoppy

■「Crest Gaming Windfall」JapanNo1skve選手インタビュー

――ドン勝おめでとうございます!このドン勝で大きく順位が上がると思いますが、先ほどの時点では12位という順位でした。最終ROUNDを迎えた時の心境はいかがでしたか?

JapanNo1skve 今日の1試合目を終えた後の順位までしか知らない状態で、だいたいそれくらいの順位だろうとは思っていましたが、順位についてはそれほど意識していませんでした。

――フェイズ2初日のドン勝では、フェイズ1を踏まえて調整してきたというコメントがありました。2回目のドン勝がとれた勝因はどんなところにあったと思いますか?

JapanNo1skve タイヤを割られない位置で車両をしっかり確保できていて、中盤から終盤にかけても安全地帯の中央にできるだけ安全な形で入ることができました。それが一番大きかったと思います。

――その他にも勝つために意識していることや、チームとしてのプレイスタイルがあれば教えてください。

JapanNo1skve 「臨機応変」です。

■ROUND9ポイントTOP3

1位:Crest Gaming Windfall 520ポイント(4キル)
2位:SunSister Suicider’s 430ポイント(6キル)
3位:JUPITER NOVA 380ポイント(6キル)

■ROUND9終了時点でのランキング(フェイズ2全試合終了)

【次ページ】総合優勝チーム「USG_Hyster1cJam」にインタビュー!
タイトルとURLをコピーしました