【PUBG選手インタビュー】KARMA Quiet Rebel所属 Eto「女性として初のPJS Grade1に出場する選手になりたい」

INTERVIEW

”女の人=弱い”というイメージが染み付いている

――FPSゲームのプレイ面において男女での有利不利はあるのでしょうか。Etoさんはどのように感じますか?

極めればプレイ面での有利不利はないと思ってます。この前、ある大会に出た時に「女がいるチームがあるから倒しに行こうぜ」と言っていたチームがあったらしくて。それくらい、”女の人=弱い”というイメージは染み付いていると思います。

でも、それはFPSゲームを本気でやっている女性プレイヤーの人口が少ないから、そう見えているだけなんじゃないかなと。しっかり練習を重ねていけば、同じように強くなれるはずだと私は思っています。

――格闘ゲームなどでは活躍する女性選手がいますが、FPSゲームだとほぼいないのが現状だと思います。チーム競技であるかどうかは関係あると思いますか?

やっぱり男性からすると、女性がチームにいると意見を言いにくかったりして、やりづらさを感じるという話は聞きます。私はあまり気を使って欲しくないので、女性らしく振る舞わないようにしています。

ただ、私はまわりに恵まれていると思っていて。男性だけでやっていた方が楽だという人も多い中、チームの人たちは私がいてもいいよと言ってくれて、ひとりの選手として扱ってくれています。FPSゲームに女性選手が少ないのは、まわりの環境に左右されている面も大きいと思います。

――でも、例えば音楽では男女混成のグループが成功していたりしますよね。他にも仕事などで男女関係なくチームを組む場面というのは多々あると思うのですが、それがFPSゲームとなると、なぜそうなってしまうのでしょう……。

たぶんですけど、オンラインゲームをしてきた人は、女性絡みの面倒なことにトラウマを抱えている人が多いんじゃないかなと……(笑)。私も『CSO』のクランに入っていた時に、男女のいざこざでクランがダメになってしまうのを見てきたので。

あとはやっぱり、これまで自分が見てきた女性プレイヤーが弱かったという、そのイメージは根強いと思います。だから、いざチームを組むとなると、女性をメンバーにするのは難しいという反応になってしまうのかなって。

――女性のみでチームを組むというケースもありますよね。でも、PJSを始めとする大会は男性限定ではないことを踏まえると、あえて女性に限定したチームを組むのはベストな選択なのかと考えてしまう部分もあります。

「KARMA」の女性部門も、もともと女性限定大会に向けて募集されていました。でも結局、目的がそれだけになってしまうんです。これだけ女性のプレイ人口が少ない中で、強い女性プレイヤーを4人集めるというのは、かなりハードルが高いので。男性プレイヤーもいる大会に出て互角に戦えるかというと、やっぱり厳しいものがあります。

しかも、PJSのように次が決まっているわけではないので、「また開催される”かも”しれない女性限定大会に向けて頑張ろう」という感じになってしまう。いつまでどう頑張ればいいかわからない目標に対して、本気で頑張るのは誰しも難しいと思うんですよね。

現状では、強くなりたいなら男性とチームを組んで経験を積むのが一番だと思います。選手として本気でやっていくなら、結局は男性プレイヤーを相手に戦うことになるし、プレイ人口的に男性の方が強い人が多いことは事実なので、その機会を失ってしまうのはもったいないなと思います。

――実は今回、Etoさんを”女性選手だから”という理由でフィーチャーすることに少し迷いもありました。そういった注目のされ方については、どう感じますか?

注目してもらえるのは嬉しいことですが、それに応える実力を持っていなければいけないと思います。だから、これからもとにかく練習を重ねていかなきゃいけないなって。

女性だと良くも悪くも注目されやすいというのは確かにあると思いますが、でもせっかく女性に生まれてきたので、「女性でも強い選手がいる」と言ってもらえるようになりたいです。

女性限定の大会で1位を取ることが、まずは最初の一歩

――「第2回 PUBG GIRLS BATTLE」では、DUOでの優勝を果たしました。振り返っていかがですか?

あの大会では、Rajmaさんからチームメンバーを経由して声を掛けてもらったんです。人見知りなので、初めての人とDUOを組むのは緊張するなと思って、少し迷ったんですけど(笑)。

でも、Rajmaさんに誘ってもらえて本当に良かったです。SOLOは苦手なので、DUOの試合に懸けていました。まずは女性限定の大会で、絶対に1位を取りたかったので。そこが最初の一歩になると思っていました。

――DUO1戦目では、合計11キルでのドン勝を見せました。最後は1on1の展開になり、かなり緊張感のあるラストでしたね。

1戦目の最後は、相手にエリアの真ん中を取りに行かれた時点で、顔を出されなかったら確実に私が負けていました。あそこで相手が勝負してくれたから、ギリギリ勝てたという試合でした。

2戦目も、自分が落ち着いていたらもっと順位を伸ばせたなと。だから、振り返ると反省点ばかりです。めちゃくちゃ緊張していたので、緊張に負けてしまうのはどうにか克服したいと思っています。

――『PUBG』の大会に出場したのは、あの時が初めてでしたか?

それまでもいくつか出ていて、去年10月にあったDMM GAMES主催の「PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP」が、最初に出た大会です。その次に出たのが、去年12月の「GeForce CUP: PUBG #02」で、予選を1位で通過して決勝では6位でした。

それ以来、「第2回 PUBG GIRLS BATTLE」までは出ていなかったですね。チームに所属してからは「KARMA Quiet Rebel」として大会に出場していて、メンバーが揃ったタイミングでPJS Season1 Phase2のPaRにチャレンジしたという流れでした。

【次ページ】惜しくも昇格を逃したPaR、次こそはGrade2に
タイトルとURLをコピーしました