【PUBG】PJS Season3総合優勝は「DGW」!準優勝「RJ」とともにバンコクへ DAY6ドン勝&アジア大会出場チームインタビュー

REPORT

【ROUND12】ラストは「Rascal Jester」がドン勝でアジア大会へ!

総合2位争いに大きな注目が集まる中、迎えた最終ROUNDで「Rascal Jester」がドン勝。このドン勝によってSeason3の準優勝、そしてアジア大会への出場権を獲得しました。

今シーズンPhase2のランキングにおいては、総合1位に。また、この日11キルを達成したWesker選手が2度目のMOST KILLを獲得しました。

SeaKingJAWS選手、Wesker選手 、kendesu選手、Maron選手

■「Rascal Jester」ドン勝&準優勝インタビュー

――まずは、最終ROUNDのドン勝おめでとうございます!これで今シーズン5度目のドン勝となりました。チームとして好調な理由はどんなところにあると感じますか?

SeaKingJAWS 個人個人がちゃんと状況把握できていたことが、ドン勝に繋がる要因だったのかなと思います。

Wesker 練習の時には出来ていなかったことが、大会本番でしっかりと形になったというのが一番かなと思います。

kendesu Weskerのキャリーです。

Maron 個々人のポテンシャルがあるチームだと思うので、それをしっかりコミュニケーションを取って連携に繋げられたことが勝因になったと思います。

――激しい総合2位争いが続いていましたが見事、準優勝に輝きました。Season3を振り返って、どのようなシーズンだったと感じますか?

SeaKingJAWS 上がり下がりが激しいシーズンだったなと思います。

Wesker いろいろあったなぁという1シーズンでした。

kendesu いろんなチームが上位争いをしていたので最後まで気が抜けず、疲れたシーズンになりました。

Maron 結果は良かったんですけど、順位争いが混戦だったので、かなりハードなシーズンだったと思います。

――バンコクで開催されるアジア大会に向けて、準備したいことや達成したい目標を教えてください!

SeaKingJAWS チームファイトや研究量は他の国のチームに負けていると思うので、残り2週間くらいしかないですが、その辺りを煮詰めていって、優勝目指して頑張っていきたいと思います。

Wesker しっかりと自分たちのやることをやって、自分たちのやってきたことが世界でどれだけ通用するかを見たいなと。日本は海外大会で振るわない結果が続いているので、日本代表として良い成績を出して、もっと日本の枠が増えるように頑張っていきたいと思います。

kendesu 以前アジア大会の「OSM」に出た時は、自分たちの動きが全然できていなかったので、その時とは変わった今の自分たちの動きが、どう通用するのか楽しみにしています。

Maron 自分たちのやりたいことをしっかりやって、できればドン勝を取って、優勝したいです。

■ROUND12の試合結果

Season3総合優勝に輝いたのは「DetonatioN Gaming White」!

Season3の総合優勝に輝いたのは、今シーズンを通してトップを守り続けた「DetonatioN Gaming White」。

これにより、7月26日(金)よりタイ・バンコクにて開催されるアジア大会「MET Asia Series: PUBG Classic」に出場する日本代表2チームが決定。「DetonatioN Gaming White」の国際大会への出場は、今回が初となります。

Melofo選手、Gokuri選手、SSeeS選手、Machao選手

■「DetonatioN Gaming White」総合優勝インタビュー

――Season3総合優勝おめでとうございます!今シーズンを振り返って、どのようなシーズンだったと感じますか?

Melofo 日を追うごとにチームの練度は上がっていたんですけど、ポイントが伸びない日が続いて。チーム状況的には悪くなかったものの、どうしてもポイントがついてきていない時期があったので、そういう時の雰囲気づくりが重要だなと、最終日も感じました。

Gokuri Phase1にスタートダッシュして、そのポイントに救われた場面が少し多かったなと。だんだん失速して、自分たちのやりたいことが全然できないところも多かったので、それをバンコクとSeason4に向けて、どんどん修正してより良くしていければと思っています。

SSeeS 最初の調子が良すぎたので、今からが踏ん張りどころかなと思います。

Machao それまでスクリムでも出せていなかったような成績をPhase1で取ることができて、それが自信にも繋がって、チームにも勢いがついたという、そういうシーズンだったと思います。

――バンコクで開催されるアジア大会に向けて、準備したいことや達成したい目標を教えてください!

Melofo 優勝ですね。行けなかったチームの分も背負って行くので、目標は優勝です。

Gokuri 本当に時間は少ないんですけど、少しでも多く試行回数を重ねて、良い結果を出せるようにひたすら努力をしていければと思います。

SSeeS アナリストを含めた5人で、どんどんいろんなチームを研究していって、上位入賞や優勝を狙っていきたいです。

Machao 正直、格上のチームが多いと思うんですけど、それでも戦い方次第で日本のチームも上位に食らいつけるんだというのをアピールしたいです。

■Season3トータル総合ランキング

2つの国際大会が開催、そして8月24日からSeason4がスタート

Season3 Phase2のランキングは、右肩上がりの調子を見せた「Rascal Jester」が総合1位に。また、降格する下位4チームが決定し、今PhaseでGrade2から昇格してきた4チームすべてがGrade1をキープする結果となりました。

次シーズンでは、Grade2でトップ4位にランクインした「THE SHABLES」「Relaxedly」「Crest Gaming Rapid」「BLUE BEES」の4チームが、Grade1に昇格することが決まっています。

今後のPJS開催スケジュールに関しては、Season4が8月24日(土)よりスタートと告知されています。また、下記の日程で日本代表チームの出場する国際大会が開催されます。ぜひお見逃しなく!

「MET Asia Series: PUBG Classic」
開催日:2019年7月26日(金)〜28日(日)
開催地:タイ・バンコク
日本から出場チーム:「DetonatioN Gaming White」「Rascal Jester」

「PUBG Nations Cup」
開催日:2019年8月9日(金)~8月11日(日)
開催地:韓国・ソウル
日本から出場する選手:Dep選手(CGX)、gabha選手(SSS)、SSeeS選手(DGW)、CiNVe選手(SSS)

関連リンク

PJS season2 Phase2 Grade1 Day6 大会配信アーカイブ
PUBG JAPAN SERIES 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました